病気の有無

細胞の新陳代謝

細胞の新陳代謝が滞

父親への献身的な看護は80歳で亡くなるまで続き、終末期は自宅でつきっきりで看取りました。
「両親の元で24時間体制で介護をしていると、当然仕事もできませんし、社会とのかかわりを絶たれたような気がして、孤独感と焦り、不安がどんどん大きくなっていきます」
と、浩子さん。大きなプレッシャーに押しつぶされそうになっていた浩子さんにとって、父親の死は深い悲しみと同時に、とことんやり尽くしたという充足感、そしてプレッシャーからの解放感をもたらしました。親の介護の負担が軽くなると、そのように不眠が解消され、電話の音におびえることもなくなり、対人恐怖の症状も消えていました。
当時を振り返って、浩子さんはこう語ります。ひどい時期を乗り越えるのにHRTはとても役にたったと思います。
舌側矯正の有無によって見栄えは変わる

一番大変な時期に心身ともに大きなパワーが出たのはHRTの力だと実感しました。今は朝起きたときに手の関節がこわばるとか目が乾燥するとかそれなりに更年期の症状があるのですが、とくに生活に大きな支障がないかぎりはHRTは使わず、自然に任せていいかなと思ってます。ただ、今後またなにかあったときには迷わずHRTの力を借りようと思ってま現在は母親も一人暮らしに慣れ、浩子さん自身の体調もよく、夜はぐっすり眠り、朝は4時には起きて仕事を始められる爽快な目覚めの毎日を暮らしています。「人によっては更年期をなにごともなくスッと過ごしてしまう人もいるでしょう。私がもしそうだったら、今のような静かで満ち足りた生活はできてなかったかもしれない」
そう切り出して、更年期の嵐は改めて素の自分を見つめなおすいい機会となったと、浩子さんは打ち明けます。

薬の量を見直

  • ホルモンがあるわけです
  • 認知症であるかを鑑別するために使われるものです。
  • 老化にともな百歳を超えて生きる


生活習慣を積み重ねていけば


細胞の活動がスイッチONになるときやくじゃあ具体的

「親の介護と仕事の両立という現実的に自分にふりかかっていることがあまりにも重く、とてもそれまでのようにだれに対してもいい顔をしていられなくなりました。八方美人ではいられなくなったとき、初めていままでは両親に対してだけでなく、だれに対しても無理をしていい子をやっていたことに気づいたんです」
いってみればどうでもいい人に、どうでもいい話をされて、内心いやだなと思っても顔ではニコニコ。
もうそんなことにエネルギーを使ってまで、いい子でいるのはばかげていると思うようになったのです。
若いころはろくでもない仕事もたくさんやってきた。ただ若いころはろくでもないとは気づかないんですけどね。
ホルモンが分泌されるということです

症状はありません

でも、まもなく80歳になる母親をみていると、年をとると白内障になってものがちゃんと見えなくなる足腰も動けなくなる。それを考えると本当に時間がないと思う。だからもうろくでもないこと、どうでもいい人と、しょうがないからといってお付き合いはしたくないと思う。そして、逆に好きなこと、好きな人を本当に大事にしたい。そうしたことが更年期を通過してはっきりしてきたんです
かけがえのない人とそうではないどうでもいい人をふるいにかけて、すっきりさせてしまった浩子さんがその後手にした生活とは。
50歳を過ぎて、私は自分の仕事の中で充実感をますます持てるようになっているし、それ以上に楽しいことってそんなにないように思っているんです
更年期のつらい体験を通過して、これまでやってきたことをやめて新たな挑戦を始める人もいれば、これまでの生活の中の無駄を徹底して削ぎ落とし、長年続けてきたものの中から好きなものにさらに磨きをかけることをめざす人もいずれにしても、これまでの人生を振り返って、素の自分を見つめなおすことから新たな自分の生活を立て直している点で共通しているのではないでしょうか。


薬はない!

免疫抑制剤など

で紹介した体験や症例から生まれた更年期を乗り切る知恵、

楽にする秘訣の症状が一向に改善されない更年期ウツ症状ののひとつと考えましょう軽い抑ウツ症状を持つ人の中には、頭が痛いとか頭が重い首筋がはる肩が凝るといった頭や頭に近いところに症状を訴える人が多いといいます。これは「人は心の内の苦しさを身体で表現すること」
が少なくないからで、「心を壊さないために自分の心が発しているサインである」というのです。
もし、風邪薬や解熱剤を使ってもいっまでも頭痛や首筋のこりがとれず、といった症状が続いていたら、ウツ状態を疑ってみてください。
身体がだるい、やる気が起きない神科へと言われ大ショック。
よくある話だと事前に知っておけば少し精神科や精神科の薬に対する偏見や認識不足は思った以上に根強いと知らされたのは、材にかぎりません。
今回の須藤さんの取ウツ病は7人に1人が生涯に一度は発症するとされるほど頻度の高い精神疾患で、くらい日常的なもの。精神科は決してとくべつな人だけが行くところではありません心の風邪
といわれるまた、更年期症状を訴えて婦人科を受診する患者さんの中で、なんらかの精神症状を持ち、治療に睡眠剤も含め精神科の薬を必要とする人は6070%を占めるといいます。
ガンについてもこれまで何度も臨床試験をしています。


治療に向かない前のページで詳しく話します

つまり更年期のさまざまな症状は精神的なストレスが原因となっているケースも多く、そのため医療の現場ではHRT同様、抗ウツ剤その他精神科の薬が重要な役割を果しています。ただ、更年期のウツはどこで診てもらうかですが、まずは内科か婦人科更年期外来、もしくは心療内科を受診するのがいいでしょう。
医師との信頼関係をうまく築けなければを変える。
これしかありま医師との信頼関係を結ぶのは治療の原点であることは言うまでもありません。須藤さんの例でいうとかかりつけの内科医は、須藤さんがウツ状態にあると診断していたのは、「婦人科より精神科へ行きなさい」と勧めたことからもわかります。
かならずしも診断は間違っていなかったにもかかわらず、患者さんが受け入れられなかったのは、明らかに説明不足。

投稿日:

執筆者: