病気の有無

細胞の新陳代謝

心筋 肩こり

ホルモンが分泌されるということです

投稿日:

症状をうまくコントロールするため

とくに更年期までの人生を振り返ってみると、できる女たちほど、組織の中で長年にわたって上司や部下たちに対して、どうしたら目標を達成できるか、どうしたらみんなを喜ばすことができるか、そのために邁進努力してきているのがわかります。
そして、更年期に立ったとき、さまざまな心身の不調を体験します。これまでのようながんばりがきかなくなったとき、いったい自分はどうしちゃつたんだろうと注意が自分に向けられます。これまでの人生のほとんどの時間とエネルギーを仕事に費やしてきたこと、それが心身の不調の要因のひとつとなっていることに思い至ったとき、ふとこんな問い掛けがわいてきます。
この先も(他者を喜ばせたり感銘させたり支配するために作り上げた)今のポストを維持し、エネルギーを投入し続けたいと思っているのノーという答えを出したとき、果してそれをどう解決していったらいいのでしょう。

ホルモンの欠乏による医師には相談しないここで登場する女性たちは医師の力だけに頼らず、自力で更年期症状を改善させる試みをしています。
うまく解決の道筋をみつけた女性たちに共通するのは、素の自分ともう一度正面から向き合ってみる、その上で自分にとって大切なものはなにか。今まで最優先させていたものでも自分に合わなくなったものを捨て自分の生活の中で将来的になにが意味あるかということを明らかにして、取捨選択をし、身軽になる試みをしている点でしょうか。

 

健康を阻害する食物になってしまうのです。

会社をすっぱり退職した例もあれば、仕事を整理して自分の得意分野に絞りこんでいく方法もを惜しまず興味ある新しい分野の勉強をして方向転換をする例も。
また、投資更年期は更年期以降の人生にとってどんな意味を持つのか。飛躍的に延びた後半生はなんのために与えられているのか。そのことを考えるヒントを教えてくれる症例をご紹介します。
【体験症例⑧】「私の老後はどうなってしまうのだろう」
インテリアデザイナーの秋元逸子さん仮名·57歳が友人のひとことで初めて更年期を意識したのは48歳のころです。仲間と仕事の打合せをしているときに、意見の対立からどちらも引かずちょっとした言い争いになり、イライラを募らせ多少感情的にもなっていました。席を立った秋元さんの背中に「秋元さん、更年期じゃないの」
という言葉がぶつけられました更年期4、5歳は若い友人からそういわれ、単に意見の違いからくる対立だと思っていたのが、更年期という言葉を持ち出されて逸子さんは面食らいました。ストレスや緊張が続くと同時に更年期なんて言葉でひとくくりにされたのが不愉快でした。しかし、それ以来更年期という言葉は自分と無縁の言葉とは思えなくなったのも事実です。
「これは単にものごとをストレートにはっきり言う私の性格の問題だと思うのですが。その性格のコントロルがきかないというのは更年期からくるんでしょうか。よくわからないですね」
と、逸子さんはちょっと困った顔をします。
それからしばらくたって仕事で大きな失敗をしました。
インテリアショップでアドバイザーを勤める逸子さ言ってはいけない本心を口にしてしまって、お客は激怒んが、商品の苦情を訴えてきた消費者に向かって、店側にも迷惑をかけてしまいましたかつてインテリアデザイナーになりたてのころ、同じ失敗をしたことがありました。店のアドバイザーとして苦情処理も大事な仕事のひとつです。消費者の苦情に耳を傾け、それを店にも伝え、両者の関係をうまくおさめなければならないのに、逆に消費者に注意を促し激怒させてしまったのでした。それを貴重な反省材料として、以降そうした失敗は皆無だったのに、50歳のベテランになって同じ間違い。感情の抑制がきかなくなっている自分にとまどい、落ち込みました。
更年期に多くみられる症状のひとつにイライラがありますが、逸子さんもそのころ、とにかくちょっとしたことでイライラしてつっかかり、友人たちと関係が悪くなったことが一度や二度ではありません
と当時を振り返ります。

    1. 薬剤過敏性があるレビー小体型
    1. 認知症で保険が適用される
    1. 免疫力を低下させる。

検査に頼りすぎると誤診してしまいます。

イライラだけではありません。2年ほど前、海外出張から帰国したとき、いつもなら数日すれば疲れもとれて元気になっていたのが、疲れがなかなか回復しません。海外での仕事のストレスからか、胃けいれんをおこして病院へ駆け込む騒ぎに。その頃から集中力、気力がついていかず、仕事が思うようにこなせなくなりました。締切りが迫って気持ちは焦るのですが、ペースが上がりません。秋元さんは不安にかられ、不安は不眠へとつながっていきました。
「体力がなくなり、気力も薄れ、このまま仕事ができなくなったら、私の老後はどうなってしまうのだろう」
独身で一人暮らしの逸子さんはそう考えると眠れなくなります。
思い詰めて死ぬしかないとまで考えるように。
そんな不安を忘れようと、つい食べすぎ、飲み過ぎの日々が続き、人生で一番太った
のもこのころで症状を聞いていると軽いウツ状態ですが、逸子さんは自力でなんとかしようと、解決の道をさぐります。
治療が大切な時期です。

症状を伴う

こで、昼は毎日1時間程度のウォーキングを心がけ、夜のお酒を控えて体調の維持に努めましたそ2か月ほど続いた不眠を脱するきっかけは、ある決断でした。このままでは自分はだめになると危機感を抱いた逸子さんは、現在の仕事の幅を広げようとガーデニングを一から勉強することを決めます。「新しくいろいろ覚えなければならないのは大変ですけど、以前から興味があったことですから楽しみもあます。おかげで、これから先の方向性が決まったら、あれほど悩まされていた不眠はパタッとおさまってしまったんです」
しかし、これですべて解決ではありません。更年期の試練はまだまだ続きます。最近の話ですが、趣味の俳句の会で3年前から会計係を担当していて、収支決算をしたところ、30万円の誤差を出したといいます。「単に収入と支出をつけていくだけの単純作業なのに、どうして!?


医師には相談しない 病気の有無 薬を飲みつづけ

-心筋, 肩こり
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

動脈硬化を進展させてしまうかもしれません。

目次1 ホルモン·バランスが崩れてくる。1.1 薬だった。1.2 うつ状態におちいる1.2.1 治療法よりも進んでいる状態。 ホルモン·バランスが崩れてくる。 女性ホルモンを試して、よければしばらく続 …

no image

遺伝子の型をもっている

目次1 細胞たち1.1 薬にして1.2 遺伝的素因も関係している1.2.1 医師によって違いはあります 細胞たち 中年期というのはたずなをどんどん増やしていく時期じゃないですか。たずなを引いているのも …

no image

薬の役目を果たすものとして応用できるんです。

目次1 うつである。1.1 神経支配食後1.1.1 症状で始まるとは限らず1.2 症状がおさまらないときは更年期を疑ってください。1.2.1 薬ではなく うつである。 仕事は楽しかし、デパートが撤退す …