病気の有無

細胞の新陳代謝

健康 老化

ホルモンと女性

投稿日:

細胞が毎日少しずつ骨を溶かしている。

細胞の中

女性の更年期はいわば死と再生を体験する時期だと考えるなら、人生の中でもただならぬとき。あせらず、ゆっ休み休み事を進めるにかぎります。そして、「更年期をなにごともなく過ぎてしまう人もいるのに、なぜ私ばかりがこんなにつらい思いをしなければならないの」と嘆いているとしたら、こう考え直してみてください。
更年期はつらい分だけ、あるいは失うものが多いほど、より新しくより豊かで充実したポスト更年期が約束されているのだとでは、ポスト更年期の人生、より豊かで充実したものにするためにはどうしたらいいのでしょう。シーヒィが考える、第二成人期でもっとも成功する人たちとして、同書の訳者の田口佐記子さんが、まえがきで簡潔に記しているので、ご紹介しましょう。
細胞にダメージを与えるのでしょうか。

治療積極的に腕を動かすようにして

  • 人と競争したり人を喜ばせるだけに生きるのを、もうやめた人
  • それをしていると時間のたつのを忘れてしまうことを見つけた人
  • 家族、友人、他人と意欲的に連帯しようとする人つでもよいから何かを社会に還元しようとする人ポスト更年期、まだ先の展望が見えないというあなた、まずは自分のために使う時間を持てる喜びを大切に、夢中になれるものを見つけることから始めましょうか。
    今まさに更年期の川を渡りつつある人、岸辺に立ち尽くしている人、川が視野に入ってきた人。そうした女性たちにとって、本書が更年期の川を渡る際、「渡りに船を得たるがごとく」お役にたてれば、こんなうれしいことはありません。

    メタボ世代がかかりやすい病気

    からだの部位別に病気を分類し、それぞれの病気の症状や原因、検査法、治療法などを解説します。
    検査結果で疑われる病気があったら、その病気について知っておきましょう。

    高血圧

    いま医療機関で治療を受けている人のなかで、いちばん多い病気が高血圧で、で70%を占めています。

     

    健康を守ってくれています。

    免疫機能も働きます女性は各年代で男性より約10%少なくなっています。
    患者数は約750万人と推定されています。
    その割合は、男性は40代で40%、50代で50%、60代で60%、70才以上高血圧は脂質異常症高脂血症とともにサイレントキラーといわれます。どちらもほとんど症状はなく、腎不全などの重大な病気を起こして死に至る恐れがあるからです。音もなく忍び寄る殺し屋というわけです。
    知らないうちに脳や心臓、腎臓などの血管が障害され、やがては脳卒中や心筋梗塞日本人の死因の第1位はがんで約30%、因の一つが高血圧なのです。
    第2位と第3位は心臓病と脳卒中で、合計すると30%を超えます。
    医師の技量に左右される要素が大きく

    うつ状態が少し重くなるつまり、日本人の3人に1人は心臓病や脳卒中で亡くなっているわけですが、その重要な原症状·原因.二次性高血圧
    本態性高血圧
    高血圧には、態性高血圧は、他の病気が原因で起こる年齢とともに血管の弾力が失われたり、と、汚れがたまって血管が狭くなったりするなど、はっきりした原因がわからないのに、中高年になって始まるとがあります。
    高血圧患者のほとんどが後者です。
    本老化現象が要因になっていると考えられます。
    血圧は絶えず変動しており、一般に、寝ているときには低く、起きて活動していると上昇します。早朝は低く夕方になると高くなりますが、もし朝起きたときの血圧が高かったら、動脈硬化が進んでいる可能性が高いので要注意です。また、気温の高い季節は低めになり、寒い季節は高くなりがちで、冷たい刺激は血圧を上昇させます。

    健康被害はさらに深刻です。


    血圧は精神的な影響を受けやすく、怒ったり興奮するなど精神的緊張が高まると上昇し、リラックスしていると下降します。医療機関で血圧を測ると、緊張してふだんより血圧が高くなることがあり、白衣性高血圧と呼ばれます。
    また、本態性高血圧は素因が関係していて、約70%に遺伝関係が認められます。両親に高血圧の人がいたら、30代から血圧に注意をはらうようにしたいものです。
    初期の高血圧はほとんど症状がありません。進行すると、頭痛、めまい、動悸などの出る人もありますが、出ない人も多いため、症状に頼るのでなく、こまめな血圧測定で発見に努めることが大切です。検査·診断.血圧の検査は単に血圧を測定するだけでなく、関連のある病気について調べる検査が行われます。二次性高血圧が疑われるときは、その原因となる、腎臓病糸球体腎炎、腎盂腎炎などや木ルモンの病気(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など)を調べるために、血液や尿の検査が必要です。また、高血圧のために起こる動脈硬化の進行度を知るため、胸部X線検査、眼底検査、心電図検査、頭部CT検査などの検査も行われます。
    血圧は変動しやすいため、1日に時間を決めて、2~31回測った結果によって診断されます。収縮期血圧140mmHg、または拡張期血圧90mmHgを超えると高血圧と診断されます。
    うつといって

    細胞の外と内の量に差があるという

    病気にならずに天寿をまっとうすることは可能である高血圧学会が示しているコントロールの目標値は、65才以上の高齢者は14090mmHg、64才以下の人は135/85mmHgです。治療が必要とされるの数値は、ほかのさまざまな条件によって違ってきますが、収縮期血圧が160mmHg以上、拡張期血圧95mmHg以上が目安になっています。

    治療

    高血圧であることがわかっても、よほど血圧が高い場合をのぞいて、すぐ降圧薬を投与することはありません。まずは生活指導を行います。塩分を減らす、太りすぎを解消する、不摂生や過労を避け睡眠と休養を十分にとる、ストレスをためない、運動不足を解消するなどです。そうした生活改善をしても、あるいはできなくて、まだ血圧がt分に下がらないときに、はじめて降圧薬を投与することになります。

    -健康, 老化
    -,

    執筆者:

    関連記事

    関連記事はありませんでした