病気の有無

細胞の新陳代謝

症状

医師には相談しない

投稿日:

免疫力はいらない

そうはいってもいいところもあるでしょところが、それが事実だとわかるのにそう時間はかかりませんでした先生はすべてに非協力的学年会議で決めごとをしても、決して実行しない。学年の教材研究も、小夜子さんの提案に対してそれはやりたくないと反発したり、それはいいですねと言いながら自分のクラスではやろうとしなかったり。1か月もたたないうちに、責任者として学年運営に行き詰まり、「かつて体験したことのないストレス」を感じていましたA先生とは日に日に、うまくやるのは無理かもしれないという思いが広がり、その不安は不眠へとつながっていきました。新学期が始まって1カ月とたたないうちから、床についてから学校のことを考えると眠れなくなりました。うまく眠れても、夜中の2時3時に目が覚め、A先生のことを考えてしまうのです。とくに学年会議の前日がだめでした。
A先生の正体が明らかになるにつれ、なにも知らない転勤したばかりの自分に、に対する不信感も、いやおうなく募っていきました。
難題を押しつけた教師集団6月に入って悶々としていたところ、保健婦のB先生から声をかけられました顔色も悪いし、声にはりもないし、元気もないけれど、どうしたの涙ながらにたまっていたものを吐き出しました。
「とにかく学校のことはすべて忘れて病院へ行きなさい。私もそういう経験があるのよ。
老化の縮図

老化やさまざ


神経は正常とは思えません。

>肩こりなど子どもに元気な顔笑顔を見せるためにも、家庭で元気でいるためにも、これからのあなたのためにも、とりあえずすぐに病院へ行くのが大事」
と、B先生は強く背中を押し、私はここへ行ったと大阪医科大学の後山尚久医師を紹介してくれましたさらに「病院に行く前に管理職にきちんと事情を説明したほうがいい」とアドバイスも。
小夜子さんが校長と教頭にこれまでの事情を打ち明けると、校長はあなたに、もうがんばれとは言いません。そこまでだとは思わなかった。
しよう!
これからいっしょに考えていきまと言いました。なぐさめられた小夜子さんは気持ちが少し楽になったといいます。
「うまくやっていた先生もしたんだから、きみもがんばりなさい」
一方、教頭の言葉はこの一言で小夜子さんは、教頭先生に対してすっかり心を閉ざしてしまいました。


医師にかかって処方してもらい

健康状態に大きく影響するのです。

症状と同時自宅に訪ねてきたり、電話が入ったりするとそれだけで具合が悪くなるほどでしたその後、病欠中、教頭が「とにかく話したいことは全部聞いてもらった」
小夜子さんにとって救いだったのは、家族の全面的な理解が得られていたことです。
もしかしたら、学校をやめることになるかもしれないと打ち明けていましたとにかくだれか専門の医療者にすがって楽になりたい、胸のうちを吐き出したいと、紹介された後山医師のところにかけこみました。
「これまでいやなことをたくさん乗り切ってきたんです。子育てと仕事の両立で大変な思いもしているし、若いときには職場で教師の陰湿ないじめにもあっています。でも、それを乗り切ってきた。今回のことなどうまく乗り越えられると思っていたのに……」
そう訴える小夜子さんの話を、後山医師はウン、ウンと聞き続けました。「とにかく話したいことは全部聞いてもらったというくらい、十二分に聞いてもらった」あと、後山医師はこう言いました。
「若いときに乗り越えられても、もう今は無理はきかない。がんばったらだめ。それにストレスをそんなにめこんではいけませんね。
点を持てるとは思えない休みなさい」
話を聞いているとA先生はあなたがいくら努力しても変わらないし、これからも接距離をおいて付き合うしかないんじゃないかな。いずれにしても、しばらく学校をすぐに病気欠勤のための診断書を書いてくれました。
老化の縮図

病気というかたちでペットたちを苦しめています。診察の結果をB先生に報告すると「最初の診察を受けてすぐ病欠の診断書が出たというのは、予想以上に悪かったのね」
それにしても保健婦の先生に勧められ、わけもわからず飛び込んだ先が更年期外来だったとは。小夜子さんは病院からの帰途、気分が落ちつき初めて気づいたと言います。「更年期障害なんて、仕事をバリバリやっている私にはありえないと思っていました。でも、あとから『仕事を持っている人のほうが、家庭の主婦よりストレスが多いからなりやすい』と先生から聞いて、なるほどと納得しました」
6月から3か月間の病気欠勤胸にたまった鉛のかたまりをはきだし、A先生と顔をあわせることがなくなった小夜子さんは、処方された睡眠剤と安定剤で昼となく、夜となく眠り続けました。


ホルモンが盛んに分泌

まるで数十年の教師生活の疲れを一気に癒そうとするかのようにそして少しずつこれまでの自分を振り返る元気が出てくると、すぎなかったと気づきました。
A先生とのことは単にウツ状態への引き金に前任校でも50代の女性教師と組んで、しんどい思いをしていました。校長から「いっしょにやれるのはおまえしかいない」と励まされ、3年間学年を組みました。その教師とは鋭く意見が対立することもありましたが教育に情熱があるという点では接点があったので、なんとか続けられました。それでも、学校に行くのがつらいと思う日が多くなり、自宅で吐き気をもよおすこともありました。
その頃と前後して、ひとり暮らしの80歳を過ぎた母親が入退院を繰り返していました。小夜子さんは毎週土曜日は授業が終わると実家へ。日曜日は再び自宅に戻ると、子ども会の役員の仕事で週末もフル回転。たまったストレスはうまく解消されないまま、かなり限界まできていて、A先生の件は最後のだめ押しのようなものでした「自分と直面する機会を与えてもらった」
小夜子さんは思います。若いときには大変なことはあっても、家に帰って壁に向かって大声で叫んで、涙を流せば、翌日はまた元気で出勤できたのに、なぜ今はそれができないの。
細胞とどれだけ似ているかにもよるんです。

健康を保つ工夫をすることが大切だと思います。

健康になります。更年期になると気力、体力の衰え、長年の疲労の蓄積でストレスへの抵抗力も弱くなっているのを実感せざるをえません。3か月間の病気欠勤が終わる頃、このまま小夜子さんを学校に戻したのでは症状がぶり返す、と後山医師は判断したのでしょう。
「しばらく休みなさい。自分の仕事をきっちりやってきたのだから、あせる必要はないですよ」
医師の説得に小夜子さんも納得休職を決断しました。ただ生徒たちに申し訳ない思いでいっぱい。自分を責め続けていました。しかし、休職の覚悟を決めてしまうと気持ちは少し落ちついたのか、以前から習ってみたいとずっと思っていたフルートのレッスンに通うように。その後、小夜子さんは退職を決意。A先生ともう一度学年運営をすることは考えられないといって、このまま転勤させてもらうのは、自分としては許せない。
教師集団に対してもひっかかりを感じているし考えぬいたあげくの決断でした。
後山医師の助言もありました。

-症状,
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

症状への効果が期待できる

目次1 医師の言葉1.1 DNAを修復する1.2 ホルモンの分泌が少ないという1.2.1 薬会社アボット·ラボラトリーズとの合弁会社 医師の言葉 こんなことさえもできないの?とショックですごく落ち込み …