ホーム / 担保 / 契約に基づいて借入人が作成する請求

契約に基づいて借入人が作成する請求

契約の条件に追加して補完し

請負業者は、次の事項をいつでもコンパイルまたは提供するものとする:請負者が、その請負業者または請負業者の業績に関して合理的に要求する口頭または書面の記録または情報、契約者は、契約者またはその委任された代理人に、合理的な通知があったときに、その記録または情報を検査および監査することを許可するものとします。強制的な措置:本明細書で使用される不可抗力とは、侵害革命の暴動、または同様の性質または力の他の行為または出来事(宣言されているか否かに関わらず)。不可抗力を生じさせた原因が発生した後に可能な限り速やかに契約者は契約者が全面的にまたは不可能になった場合には不可抗力の書面で通知し、部分的には、本契約に基づく義務を履行し責任を果たすこと、受け入れが不合理に控えられないような不可抗力の存在を受託者が受け入れることを条件として、以下の規定が適用される。・本契約に基づく請負業者の義務および責任は、その不可能な範囲で停止され、その不能が継続する限り、そのような保留中および中断された業務に関しては、契約者は、請負業者の機器の保守の実証された費用および請負業者の休業者の休暇によって空いていることの実証された費用。・請負者は、契約締結日までの間に、契約期間中に上記(a)に規定する推定費用を契約者に提出する旨の通知を受領者に通知してから15日以内に提出するものとする。一時停止の終了後30日以内の実際の支出、

  • 書面でのみ有効であり
  • 保証するための特別な規制があります
  • 法律および規則を遵守しなければならない法律の規定に従って

契約を直ちに終了することができる

・本契約の期間は、事業の完了のための追加時間が停止期間と異なる可能性のある特別な条件を考慮して、一時停止期間に等しい期間延長されるものとする。・契約者が不可抗力のために義務を履行し契約の下で責任を果たすことにより完全にまたは部分的に不能とされた場合、請負人は第68条に規定されているのと同じ条件で契約を解消する権利を有するこれらの一般条件は、通知期間が14日ではなく7日とし、)前項の目的のために、請負者は、90日を超える休止期間の場合に契約者が永久に実行できないと考えることができる。第67条:契約者による強制停止契約者は、請負者および/または請負業者への支払いを指定期間中断することができます。これは、契約者が単独の裁量であれば、本契約に基づく本事業を引き続き実行する義務があります。・作品の成功またはその目的の達成を妨害するか、または邪魔するような状況が生じた場合、または。・請負業者は、本契約の諸条件のいずれかを全部または一部実行することに失敗したものとする。上記(a)に基づく停止後、契約者は、本契約締結者が当該停止期間の開始までに発生した費用を契約により払い戻す権利を有するものとする。本契約期間は延長することができる締約国は、作業の完了のための追加の時間を保留期間とは異なる可能性のある特別な条件を考慮して、休止期間に等しい期間、契約による終了:契約は、第67条に基づく停止にもかかわらず、請負業者に14日以上の書面による通知があった場合には、契約の目的で利害関係を理由として本契約を終了することができます。・請負業者は、速やかかつ秩序ある方法で契約の履行を終了させ、損失を減らし、さらなる支出を最小限に抑えるために、即時に措置を講ずるものとする。

権利および救済とは無関係であり
権利および救済とは無関係であり

締結日以前に提出し

・請負業者は、満足して完了した事業の部分について支払われるべきであり、かつ、組合終了の日に現場に適切に送付された物品および機器について支払われる(本契約の契約者の違反により終了する場合を除き)終了までの間に締結されたコミットメントに起因する実証済みのコストと、契約終了後に請負業者が負う合理的に実証された直接費用を含むが、それ以外の、またはそれ以上の支払いまたは損害賠償を受ける権利はない。第69条:契約者の解約:契約の契約または契約者が契約の履行を終了する権利を合理的に認めている他の状況においては、契約者は契約の内容を詳細に書面で通知するものとします違反またはその他の状況の状況、契約違反の存在および契約の是正ができないこと、または受領から20日以内に契約書に応答することができなかった場合、契約者は本契約を終了する権利を有します。その日の書面による通知、そのような違反の存在または上記のその他の状況に関して締約国間の意見の相違が生じた場合には、本条第71条に基づいて解決されるものとする。(b)第六十八条の規定は、契約の権利と救済:本契約に関連するもの、またはこれに関連するものは、契約のその他の権利または救済の権利を害する、または放棄するものとはみなされません。契約は、政府側の行為または不作為に基づく結果や主張に基づいて、責任を負いません。第71条:紛争の解決:本契約またはそれに違反して生じたクレーム論争または紛争の場合、そのようなクレーム論争または紛争解決のための以下の手続が適用される。通知:被害者は、主張された主張の論争または紛争の性質を、その存在の認識から7(7)日以内に書面により相手方に直ちに通知しなければならない。

放棄当事者に対して効力を生じるものではありません権利放棄条は

協議:上記の通知を受領した時点で、締約国の代表者は、著作物の中断を生じさせることなく、クレームの論争または紛争の良好な解決に到達するための協議を開始する。調停:締約国の代表者がそのような友好的和解に達することができない場合、いずれかの締約国がUNCITRAL調停規則に従って調停に提出することを要求することができる。仲裁:上記第71条第1項から第3項の規定により解決されないクレームの論争または紛争は、UNCITRAL仲裁規則に従って仲裁に付託されるものとする。締約国は、そのような論争または請求の最終裁決など、かかる仲裁に基づいて提出された仲裁判断に拘束される。特権と免除:この契約に関連するもの、またはこれに関連するものは、契約が不可欠な国連の特権と免除の放棄とはみなされない。

書面による事前の同意なしに

マンションのグレードは落ちる家の中を自由に裸で動き回りたいなどの生活のイメージとしての理想。

契約変更価格の上昇を招く可能性がある変更や追加の場合には
契約変更価格の上昇を招く可能性がある変更や追加の場合には

契約条件を要約します

資源を十把一絡げにものつくりの基本となる鉱物資源資源化等業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを。

著者について: