に投稿

動脈硬化を進展させてしまうかもしれません。

遺伝子の型をもっている

女性ホルモンを試して、よければしばらく続けるのもいいかもしれないと勧められ、2週間ほど試した後、やめました。
「これといって実感できる変化がなかったのと、もうひとつは以前からユング心理学などを読んでいて、ユングの説によれば、私にもそろそろ人生の転機がくるのかな、というのがあったから。それを自分で実感したかったわけね。来る前にホルモン剤を飲んでいると、わからなくなってしまうでしょ。薬で乗り越えたくなかったんです。なにか来るのだったら、自分でおとしまえをつけてみたいと思ってました」
というわけで、更年期とは全面対決やってみますと説明しました。
する覚悟はできていました。
ドクターにはもう少し素のままで頭の中がボーッとして、集中力がない、判断がシャープじゃないと感じるようになったのは、閉経のころだったような気がするといいます。

「ちょうどそんな頃にとても腕のいい整体師がいると聞いて、肩が痛いのやひどい疲れをほぐしたいと思ってかかりました。治療はかなりきついものでしたが、最初に治療を受けたときには紗がかかったようになっていた頭の中が、スキッと霧が晴れたようになって。
感動するくらい効果があったんですよね」
肩も楽になり、1年くらい通い続けましたが、体調がすっかり回復するまでにしかし、劇的な効果は最初だけで、は至りません週2回、私、ウツ病です
ウツ症状は少しずつ進行していて、やがて不眠の症状も加わります。若いときから眠りは浅いほうでしたが明け方の3時頃に目がさめるようになり、十分な睡眠がとれなくなってきました。これまで好奇心のかたまりのようになって突き進んできた仕事を、義務的にこなすようになり、趣味の芸術鑑賞にも感動しなくなっていきましたたまたま心療内科のドクターを取材したのは、自分でもウツ状態を自覚するようになった頃です。もともと人に対する気くばりは人一倍するタイプだけに、仕事が終わったときの疲労感がひどい。帰宅するとなにもしたくない家族にも口をききたくないイライラする。とくに夫に対してむしょうに腹が立って、いまいましく思ってしまう日が続きました。週末は人に会いたくない、電話に出るのもいや、毎週末通っていたスポーツクラブに行くこともなくなり、ひたすら家にいて眠り、目がさめるとなにか食べるか、飲んでいるか。まっく活動的ではなくなっていました。

うつ状態におちいる治療ができるかもしれないそのころかなりの資金を集めて新しく立ち上げた仕事もうまくいっていませんでしたいっしょに立ち上げた人の責任も大きいのに、冷静に判断できなくて、ひたすら自分のせいだ、私がだめなんだと責めてしまうのもウツに入っている証拠それに物忘れが出てくる。これも老人性のボケではなく過性のものでウツ症状のひとつなんですね
と智子さん。心療内科のドクターに私、ウツ病ですと訴えて、診察を受け、しばらく抗ウツ剤SSRIの投薬を受けました。薬のおかげで、多少の吐き気など副作用はあったものの、ウツの症状は多少は回復しかし、そこそこ効果はあったものの、薬も3か月で中止してしまいます。
「整体も心療内科の薬もけっきょくみんなやめてしまったのは、最終的にはやっぱり自分の力で治すしかないと思ったからなんですね。つまり、整体をやっても、心療内科の薬を飲んでもある程度はよくなるけれど、完全には治らない。
そのよくならない部分というのは私の環境的なものに起因していて、それが解決しなければすっきりとは治らないというのがだんだんわかってきたんです」
仕事上の問題を解決するしかない。そこの部分は薬や整体では治しようがない。そのことがはっきりとわかったときに、智子さんは改めて自力でやってみようと決意を新たにします。以前、ユング派の分析家を取材したことがあったんです。取材のあと、『私も分析を受けてみたい』と言うと彼は『分析はとても面白いですよ。だけど、究極は自力で解決するのがいちばん。

 

ホルモン·バランスが崩れてくる。

人の助けを借りるのもいけれど、自分で自分を治していくことにまさるものはない』と言いました。それが耳に残っているせいか、整体や心療内科などいろいろ頼ってはみるのだけれど、最終的には委ねてしまうことはなく、やっぱり自分でなんとかしなければと思っていたんですねと振り返る智子さん。仕事では問題をかかえていました。会社を設立してから、本来得意分野とする雑誌や本づくりに加えて、いくつかの新しい分野にもチャレンジする機会にも恵まれてきました。目の前にあるおもしろそうなものは片っ端から試みて、事業を拡大し続けてきました。それがいつのまにか身の丈以上のものになっていたり、不得意な分野にもかかわらず無理をしてがんばってやっていたり。そうした仕事の整理整頓にとりかかりました。

  • 「どんどん霧が深くなっていく感じ」
  • 仕事上で自分が抱えている困難をときほぐしていく。
    こんがらがっているところをひとつひとつ解きほぐしていって、自分のなっとくできる形にもどしていく作業をやっています。そのためには時間が必要です。この仕事は自分には無理だと納得して人にお願いをしたり、ゆずったり、仕事を降りたり。ようやく自分で納得のいく形がついてきたところでしょうかこうして、仕事の整理がつきはじめてくると、睡眠剤の力も借りず夜も眠れるようになって、夜中に覚醒することもなくなったといいます。気持ちが楽になれば、体も緊張がとけて楽になります。眠れるようになっのもそのせいでしょう。体が元気になると、ふたたび意欲も沸いてくるようになるものです。
    智子さんにとって更年期とはどんなイメージかと尋ねてみました。
    「カオス混沌かな。どんどん霧が深くなっていくという感じ。細胞たち中年期というのはたずなをどんどん増やしていく時期じゃないですか。たずなを引いているのも自分だし、馬車馬のように走っているのも自分。いろんなおもしろそうな仕事が目の前に広がって、それを次々と取り込んでいくうちに持っているたずながどんどん増えていった。増えたら捨てなければいけないのこんがらがってしまった。それに気づくときが更年期かな」
    つのまにか持ちきれないほどになっていて、すっかそして、仕事を増やしても、10年前なら体力、気力ともについてきたのに、同じ量を同じペースでこなせなくなっているのに気づかされるのも更年期でしょう。つまり、これまでとは違うと思い知らされるとき、いままでとは違った考え方、やり方が否応なく必要となってきます。「変わらざるを得ない。これは天からのめぐり合わせだと考えたい。自分の年齢とか経験とか、いろんな要素がめぐりめぐって舞台が回転するという感じ。
    そうした実感です」
    舞台が回転するまさにこの言葉がぴったり。さまざまな葛藤がおさまって改めて視界が開けてくると、まわりに見える景色はそれまでとは明らかに違う。それくらい衝撃的な体験をする人は少なくありません今後は自分にできることとやりたいことのバランスをとって、自分を楽しませてやることを中心にしたい。
    そしてこれまでは全部自分でみないと気が済まなかったけれど、人に任せることを覚え、自分の引出しにあるものを出して若い人たちの役にたてたらいいなと思ってます。いままでは自分が一番で、自分のことで精一杯だったという智子さん。
    これからは人の役に立つような仕事をしたい、それができたら心豊かな今後の人生がおくれるかなと考えているようです。【体験症例⑩】「考え方を変えるような出来事が起きました」
    南田久美子さん54歳は更年期にさしかかって体調の異変を体験し、それをきっかけに自分のこれまでの仕事生活を見直し、将来に向けて軌道転換を決意しました南田さんのようにクリアカットにいく例は決して多くはありませんが、大なり少なり、ティティの再体制化のプロセスプロローグ参照を通るのが更年期ではないでしょうか。

      1. 細胞診が行われます。
      1. 病気を恐
      1. ガン力があることが判っています。

    薬だった。

    こうしたアイデン南田さんは語りま今振り替えると、47歳から50歳くらいが本当に疲れていたなと思いますね。閉経がどういうものかもわかってなかったし。精神的にも眠れなくなったり、考え方を変えるような出来事が起きてきたりしました。会社に経営者になればそれなりの面。だったら管理職の肩書をはずして、自分の原点にも白さもまだまだあるのでしょうけど、なれるわけがないどってみようかと、そんなことを考えたのが私の更年期だったでしょうか大手化粧品メーカーに勤める南田さんが、自分自身の異変に気づいたのは46、47歳の頃。ちょうど閉経の前後頃でしたあの頃は毎日が忙しく、しかも当時は更年期についての情報は今ほどなかったので、はっきりとした自覚はありませんでした。あとから振り返ってみるとあのとき更年期だったのかなという感じですよね3年間くらいはおかしかったといいます。
    が苦痛に感じるようになっていました。
    とくにひどかったのは閉経のあと1年間くらい。

    人に会うの全国にいる美容部員のトップに立つポストで、美容に関する新しい企画や開発をする本部の発信基地のリーダーです。美容の仕事はいつもはつらつとして、きれいにしているのがあたりまえ。それがつらいいやだ。
    お化粧することや装うことなんかどうでもいいじゃないか、と思うようになっていました。南田さんの職業人としての基盤を揺るがすような出来事です。そんなふうに考えるのはむろん初めてでした。
    「きつかけですか?それがよく覚えていないんです」
    ベーシックな色合いの装いに、メークもごくナチュラル。淡々とインタビューに答える南田さん。つい1年前までは女性に美を売る大手企業の、バリバリのキャリアウーマンだったというのに、驚くほど気負いがなく自然体です。
    免疫グロブリンという抗体

    薬にして

    「精神的に大きなストレスがあったかといえば、これといった大きなものがあったという実感はありません。
    ただ、自分なりに考えてみると、これまで仕事ではずっと上にも下にもいい顔をし続けていたな、私はいつも元気で、みんな私についていらっしゃい!というスタンスでがんばってきたかなと思います」
    とくに職場環境に変化があったわけでもなく、ポストが変わったわけでもありません。それがある時期からだんだん元気がなくなり、夜眠れない日が多くなって、人に会うのが苦痛になっていきました。
    若いスタッフがいろんなアイディアを提案してきたり、問題点を指摘したり、茶飯事です。いつもなら余裕を持って耳を傾け、対応できるのに、それが苦痛。
    どんどん言ってくるのは日常それどころか、スタッフが自分を批判しているのではないかと、疑心暗鬼になったり、なにげない相手の言葉にものすごく傷ついたり。
    信頼感が得られないなと感じたりして、どんどん落ち込んでいきました。いままではなんでもなかった他人の一言が気になりました。職場の不都合は全部自分の責任で、自分を全面否定。私さえいなければいいんじゃないかとさえ思い始めました。自己嫌悪と自信喪失。私って最低だとか、たいした力がないのになにをやっているんだろうと、すべてをマイナスに考えるように。こんなふうに落ち込んでいく体験はこれまで記憶がありませんいつも元気印で、アフターファイブは若いスタッフを引き連れて飲みにいっていたのが、そんな気持ちにはなれません。逆に人から誘われると、この人は本当は私を誘いたくないのに誘ってくれているんじゃないかと勘繰ったり。相手の言葉を素直に受け止められないのです。そんな性格ではないんですよ。だから、どうしたのかしら、私らしくないなあと首を傾げることの連続でしと振り返る南田さん。

  • 「アレッ?、アレッ?、
  • 私はどうしちゃったんだろう」
    それでも、会社ではなんとか仕事をこなしていましたが、家に帰るともうダメ。部屋を真っ暗にしたまま一歩も外へ出られません。だれにも会いたくない。椅子に腰掛けていると、耳元に人の声がファファファファアと聞こえてきて、それが気になってイライラ。精神的にもとても不安定になっていました。眠りも浅く、夜中の3時ごろには目がさめて眠れず、疲れているはずなのにどこか頭の芯がさえているような。


    治療ができるかもしれない ガンについてもこれまで何度も臨床試験をしています。 症状への効果が期待できる